西荻日々の泡


子が生まれても、いつでも散歩。 
by helsinko
以前の記事
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

旬なニュース

まあ、いまのあたしに旬、なんですが。

婚礼指輪購入に異変=プラチナ価格高騰で

8月12日17時0分配信 時事通信

 供給不足などでプラチナの価格が年々高騰し、その影響で婚礼指輪の購入動向に異変が起きている。女性に婚約指輪を贈るのを見合わせたり、結婚指輪を女性の分だけにしたりと、リングの数を絞るケースが増えているという。限られた予算の中で、新たな門出を控えたカップルの苦心がうかがえる。
 2000年ごろに1グラム当たり2000円を下回っていたプラチナの小売価格は、中国など新興国の宝飾品需要の増加などを反映してその後右肩上がりで推移し、07年には5000円を突破。さらに、主要産出国の南アフリカ共和国で鉱山の生産が中断した今年は値上がりに弾みが付き、5月の時点で7000円台に乗せた。あおりで指輪の販売価格も上昇し、「今年に入って2倍近くに跳ね上がった商品もある」(都内の百貨店)という。 




まあ。大変。
たしか、あたしがこういうものの購入にてんやわんやしていたときは、5月にあらゆるジュエリーショップが価格改定した直後だったらしく、ひどいところで3割程度上がってたらしく。
それがまた、この9月に同じくらい値上げされるらしいとの噂。
5月以前に買った人と、9月以降に買った人では、まじで倍近くの違いが出るってことですね!

ふー、受難な時期に買ったわけだよ。これは、いつまでも、あたしたちの世代に、言い訳のように語り継がれるだろう。
あんな時期じゃなかったら、もう○カラット石が大きかったはずなの、って(爆
[PR]
by helsinko | 2008-08-12 19:16 | あれの準備
<< 残暑 IKEAさっそくトラブル >>